オナカのチカラ

腸活を支える腸内フローラを学ぼう

オナカのチカラ
オナカのチカラ腸活ジャーナル

腸活を支える
腸内フローラ短鎖脂肪酸ルミナコイドなどの記事Blog

ルミナコイド

ルミナコイドの役割は、身体の環境問題を守る“最後の砦”

ヘルスリテラシーが高い読者諸賢なら、「ルミナコイド」という言葉を一度は目にしたことがあるだろう。ルミナコイドは「腸活」「短鎖脂肪酸」などとともに、話題に上る時代のキーワードだ。ここでは、その役割について改めて考えていきたい。
ルミナコイド

2024年、さらに注目の「短鎖脂肪酸」って、何?

この数年、何かと話題に上る「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」。美容、医療、ダイエットなど様々なところで耳にした方も多いはず。では、短鎖脂肪酸には、どんな働きがあるのだろうか? 改めて、短鎖脂肪酸の働きについてまとめてみた。
ルミナコイド

肌を老けさす「コゲ(糖化)」や「サビ(酸化)」こそ、根本対策を!

肌を老けさす「コゲ(糖化)」や「サビ(酸化)」こそ、根本対策を! みずみずしく、はりのある肌。いくつになっても、実年齢よりも若々しく在りたいもの。若さを求めて美容にお金や手間をかける前に、実はやっておきたいのが、肌のうるおいや弾力の理由を知り、そのための根本対策を講じること。つまり“肌への理解”である。
ルミナコイド

単なる流行りでは済まない腸活の本質=“シン腸活”とは?

健康食品やサプリメントに踊る“腸活”の文字。各社、自分たちの素材や菌株の優秀性を主張するが、正直どれが良いのか分からない……。という悩みは、しごく当然。なぜならそもそも“腸活の本質”を捉えていないからだ。
ルミナコイド

腸内フローラ多様性のカギ「短鎖脂肪酸」

短鎖脂肪酸とは、腸内フローラがルミナコイドを食べて、作り出す有機酸の一種です。 人間の腸内には、数百種以上、100兆個以上の腸内常在菌が生息していますが、その中のいわゆる善玉菌、日和見菌と言われる大腸の常在菌が、ルミナコイドを発酵させ、短鎖脂肪酸を産み出します。
短鎖脂肪酸

ディスバイオシス

ディスバイオシス(dysbiosis)とは、 常在菌の多様性が無くなる、宿主に対し常在菌の共生が上手くできていない状態を「ディスバイオシス:Dysbiosis」と呼びます。 私たちに共生している常在菌は、身体のあらゆる体表面に固有のバランス...
オナカのチカラ腸活を支える腸内フローラを学ぼう
運営会社:株式会社Smart Gut
協力:一般社団法人スマートライフ協会
お問合せ:info@onakanochikara.com
©2023 Smart Gut Inc.